ブルービューティーの安全性・副作用
ブルービューティーの安全性・副作用

原材料のブレンドの理由

原材料の配合するにあたり、ハーブティの効果効能を調べる上で弊社で参考にした文献は多くありますが

・一般的に言われている効果・効能
・医学書
・国の機関での見解
・誰もが聞く一流企業の見解や動向

を参考に、より効果的に、より効率よく効能を発揮できるように総合的に考え配合させて頂きました。

バタフライティーの色により目で楽しむ効果もそうですが、香りによる満足感も得られるように配合しております。

個性的で美しく、効果も期待できるようブレンドしております。

素材へのこだわり(製法と素材、茶師のこだわり)

お茶の歴史の長い中国から昔から伝えられた釜炒り製法を元に、独自の釜炒焙煎加工で飲みやすい優しい味に仕上げました。

日本のお茶のほとんどは蒸し製ですが、釜で時間をかけて炒る事により香り高く仕上げサッパリした仕上りになっておりますので、飲みやすくたくさん飲む事が出来ます。

また、お茶の変質がしにくい製法とも言われています。

一般的なハーブティーは乾燥させた原料をそのままティーバックに充填します。ブルービューティーは、他社が行わない焙煎加工をすることでハーブに含まれる独特なくせや青臭さなどをやわらかくし、飲みやすいやさしい味に仕上げております。

極めて優れた技術と技能持ち合わせている方、後継者育成や継承を求められる卓越した技能者を顕彰される、とよはしの匠「つつじ賞」は、50歳以上の活動にふさわしいと認められ、かつ一定年数以上の活躍が見込まれているものに贈られる賞です。

健康茶の数多くのお茶の品質チェックや選別、仕入れ、特徴を見極めながら作業を行う茶師監修により作らせて頂きました。

自然栽培

契約農家で一凛筒丁寧に手摘みし自然乾燥

ラオス、タイ産のバタフライピーを使用しております。
陽光をいっぱいに受け、すくすく育った鮮やかな紫の花を一輪一輪丁寧に手摘みし、ゆっくりと自然乾燥することでおいしいバタフライピーが作られます。

アールユヴェーダに基づき自然と調和した方法を確立

伝統医薬研究所のアドバイスを得て、機能性植物を栽培しています、自分たちの目で植物の育成を確認し、ハーブ本来の自然の力を引き出す栽培方法を確立し自然と調和した農業を目指して栽培しております。

アレルギーについて

食べ合わせ、飲み合わせ、体質によりアレルギーを発症する可能性があります。

天然素材の、植物を配合しておりますのでアレルギー体質の方は、日常的に食している食べ物との食べ合わせにより反応する可能性があります。

また、ブルービューティーには、キク科のカモミールを配合しております。

最近では花粉症の方も多くいらっしゃるようですが、キク科のアレルギーがある方は、ご試飲の際、身体との相性をご確認ください。

香りづけのために配合した量で、1包に入っている量も僅かですし、アレルギーのある方でも問題ない量に抑えていますが、飲まれる方のアレルギーの重度の関係性もありますので、十分ご注意ください。

逆に、カモミールより多く配合されているハトムギには、アレルギー症状を抑え緩和・花粉に有効は整腸作用があるといわれています。

他にも、抗酸化作用は体に有害な物質を排除する効果もあり、ブルービューティーにはアレルギーや花粉を緩和させるのに役立つハーブも配合させておりますので、アレルギーや花粉症で病院に通院されている方は、お医者様とご相談の上ご愛飲下さい。

飲み過ぎについて

ブルービューティーは、珈琲や紅茶と一緒で「1日の摂取量」が決まっているわけではありませんが、飲み過ぎはいけません。

身体に必要な食事(野菜・果物等)であっても食べ過ぎてしまうと体には悪影響を及ぼします。

身体に必要な栄養素などは、絶対的に必要なものですので、目安や理想数量の提示がありますが、紅茶やお茶は嗜好品になりますので、取らなければいけないというものではありません。

美肌効果やシミしわの改善効果を考えると、たくさん取り入れたくなる気持ちも出てくるものです。

ただ、デトックス効果で、血液の循環の改善と、腸内環境も整えようとする効果があるので、腸内にたまった排泄物を出そうとする過程でお腹が緩くなる場合がございます。

その場合、一時的なものですので問題ありませんが、日ごろ入れていない栄養を急に増やしますと、どんなものであれ身体に変化が出ますので、身体の様子を確認しながらご愛飲頂けると幸いです。

体質に合わない、体調がすぐれない場合にはご使用を中止してください。

他の薬(サプリ等)との飲み合わせ

ハーブティー全般的に言える事ですが医学書や研文書では、あくまで「効果が、期待される」という一文と共に、エビデンス(検証・確証)が十分なものはないらしく、さらなる研究が必要なものとしての記述が多く見られました。

最近では、サプリメントやお薬を常用されている方も多く、相性によっては何かしら身体への変化を感じる方もいらっしゃる可能性があります。

配合量や、飲む量としては通常の紅茶やコーヒーで楽しまれている程度の料であれば身体に影響はありませんが、生活習慣病なども含めて、医療機関に掛かっている方はお医者様の確認をされた方が良いかと思います。

妊婦さんは飲用を控えましょう

前項に同じくハーブティ全般、ブルービューティーに含まれているバタフライピーには子宮収縮作用があります。

筋肉の運動による子宮収縮自体は、女性に必要な作用ではあります。日常生活でも何らかの刺激により筋肉か緊張して、キュっと固くなることを子宮収縮と言います。

健康の女性には問題はありませんが、自然の筋肉運動ではなく作用するものは控えた方が良い時期かと考えます。

ブルービューティーは、天然の成分ではありますが、あくまで香りを楽しむ花や植物によるものです。

「ノンカフェイン」だから、「効果がある」から飲んだ方が良い。

という考え方ではなく、

ご飯の香りですら、身体への変化を感じる時期ですので、妊婦中には控えて下さい。

イメージとしては、「妊婦さんは珈琲を控えましょう。」という感覚です。

一口含んだから何かあるという事ではありませんので、神経質になる必要もありません。

現時点では、妊婦さんが飲む事によって、身体に異常をきたしたという文献はありませんが、逆に、妊娠中に飲んでも安全ですというエビデンス(確証)もありませんので、念のため控えて下さい。

また、
・活性酸素を制御する働き
・血液循環の改善や毛細血管の血流改善(生活習慣病予防)
・内臓脂肪の蓄積を抑える

等の優れた効果もありますので、産後、お子様が無事に卒乳された後に身体を日常に戻すお手伝いとしてご愛飲頂くことを推奨いたします。

毎日に追われお疲れのところのリフレッシュや癒しの飲料として楽しんで頂けると効果的な成分を多く含んでおります。

出産という大仕事を無事に終えた後も、まだまだお母の大仕事は続きますので、少しでも癒しのお手伝いが出来たら嬉しく思います。

    生理中・怪我の治療中の方・薬を服用中の方はNG!?

    ブルービューティーに含まれている、バタフライピーに血小板凝固を抑制する成分が含まれ血液サラサラ(抗血栓・血栓溶解)効果があります。

    通常の生理が「出血が多め」の方でしたり、出血を伴う怪我血液サラサラ効果のある薬を服用されてる方など、通院中の方も併せてお医者様のご相談の上お召し上がりになる事を推奨いたします。

    通常の生理、切り傷程度の出血であれば飲んでも問題はありません。※人によって体調面での相性は異なるために心配な方は医師へご相談ください。

    ■WEB売上No.1の育毛剤チャップアップの記事

    ■AGAクリニックの体験記事

    ■30代・40代男性のAGA(薄毛・ハゲ)問題を解決するブログ

    おすすめの記事